すごかったなあ

はい、羽生君。
神降臨って感じでしょうか。

フィギュア見てると、演奏も似てるなといつも思う。
すべてがそろわないといい演技ってできないんだろうな。
メンタルの強さ、師匠、コーチとの縁、環境…

こんな私でも、弾き初めて今日は行ける、神降臨?って思ったことが何度かあります。
そのときは、弾きながら楽しくて仕方ない。
まあ逆もあるのですが、今日はあかんって(笑)
お客様には失礼ですね(;^_^A

でも、そうなるときってやっぱりモノを言うのは練習量。
練習してこその結果。
そして、その練習量を生かせるメンタルの強さと場数の多さ。

練習量が足りてないのに、いい結果が出ることはないのよね。
心のどこかに「練習足りてないのよ」って思ったらマイナスからのスタートで、絶対いい結果は出ないもの。
たとえそれなりにこなせても、達成感はない。
一生懸命やってこその達成感。

羽生君眠れなかったようですが、それもよくわかる(笑)

悔しくて眠れないこともあるけど、達成感、充実感が満タンで眠れないこともある。
一昨日はきっと伝説として残る演技。


私の師匠の言葉
・練習で100を目指してたらダメ、120ぐらいに持っていくぐらいのつもりでないと、余裕もない。
・99%の完成度では、本番が残りの1%になるかもしれない。
・弾けないと練習をやめる前にもう1回弾いてみて、その1回が足りなくて弾けてないのかもしれない。
・緊張したからっていうのは言い訳、結局は練習足りないのよ
 緊張しても弾きこなせるだけの練習が必要
(↑思い出したので追記)

羽生君の演技は、改めて師匠の言葉を思い出した演技でした。

もっともっと色々な言葉を頂いたよなあ。

あ~~ レッスン受けに行こう♪

[PR]

by kimagureb | 2015-11-30 09:31 | Trackback | Comments(4)

トラックバックURL : https://kimagureb.exblog.jp/tb/22583288
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by trintrin at 2015-11-30 10:50
練習の大切さが伝わる名文です
ウメザワトミオの歌で
稽古不足を幕は待たない
ってありますが(昭和)似た感じかな?
Commented by kimagureb at 2015-11-30 10:54
trinさま
そう、泣いても笑っても幕は上がる。

学生のときは、点数として表れ、自爆という形で済むけれど、仕事として選んだ今は自爆できないので、それなりの対処法を身につけました(笑)
Commented by midori-bento at 2015-11-30 13:24
こんにちは。
達成感で眠れないなんて、一生に何回あることでしょう。
うらやあしいですね。

私、その昔、乗馬の試合でした失敗が
寝ようとするたびにプレイバックして
そうだなぁ・・・3年くらい寝るときに思い出しては悔やみ続けました。
私程度が趣味でやっていた競技でもそうだったんだから
アスリートのみなさんはどれほどか。
でもどんな後悔も、時間がなだめてくれるものなんですよね。
ああそういえば、最近は思い出さなくなったなと。
Commented by kimagureb at 2015-11-30 14:01
ミドリさま
達成感で眠れないのは、ランナーズハイ状態(プレイヤーズハイ?スケーターズハイ?)なんだと思います。
すごいプレッシャーもあって、その反動みたいなものでしょうね。

スポーツも音楽もメンタルトレーナーの存在が注目されるようになってきました。

年齢と共に身に付くものもあるのですが、難しいです。

横山幸雄さんが、「間違ったときはどうしますか?」っていう小学生の質問に「それを気にしないで演奏するのも大事なこと」とおっしゃってました。